ちりやま日記

ドイツで子育てのあれこれ、本やドラマや動画の感想等を綴っていきます。

討論会と腐女子とアニヲタと。


娘は現在、花の思春期14歳である。

彼女のクラスには男子が3分の2を占めていて、女子は少ない。

男子達は総じて仲が良く、15人程が連れションをして授業に遅れてきて、先生に呆れられている。

 

この学年になってから、娘達はよく討論会をしている。

大抵は4人1組の小グループに分けられ、そこで1つのテーマを賛成派と反対派に分けられて討論するのだ。

この場合、論破が目的ではない。

自分とは異なる意見に耳を傾ける事、そして自分と同じ意見には客観的に見れるようになる事が大切となる。

 

さて今回も討論会が開かれる。

各自がしっかりと自分の意見を相手に伝える為、当日までに準備をしなければならない。

この討論会の場合、くじ引きでグループを決めたり、先生がアットランダムに選んだりして、仲が良い者同士ばかりで組まないようにしている。

それでも、やっぱりこのグループは嫌だ、変えてくれと変更希望を出す生徒もいる。

 

テーマも様々で興味深い。

こうやってドイツの若者は論争で負けないくらいに成長するんだろうな。

我が家では、夫が論争好きで、娘もよく鍛えられている。

 

ところで、私はれっきとした腐女子であり、アニメ好きでもあるが、娘もその傾向があるとは思わなかった。

娘は小学校に入った頃から、あまりアニメを観なくなったので、興味のあるアニメは専ら倅と観ている。彼女がギムナジウムに入った頃、別の学校に進学した親友と当時はまだSMSで繋がっていて、彼女から送られてくるSMSアニメに再び興味が湧くようになり、それからはアニメやゲームの実況動画を好んで観るようになった。

当時はよく分からなかった描写も、今観たら、そういう事だったのか!と思う事も多々あるらしい。

そして、私ともBL談義に花を咲かせるようになってきた。

親がアニメ好きでBLで盛り上がると友達に話すと驚かれるそうだ。

てか、私もまさか娘とこの手の話で盛り上がれるとはな。

お互いに好きなアニメ、お薦めアニメを紹介したり、一緒に観て、感想を語り合っている。

娘と一緒に観るものと、倅と一緒に観る物、また家族で観るものと、様々だが、どれも楽しい日常である。


 

 

 

 

 

 

9ユーロチケットを買ってみた。

ドイツでは現在、9ユーロチケットなるものが発売されている。

これはガソリン高騰化の為、国民への救済処置という名目で、ドイツ全国交通機関が9ユーロで1ヶ月間乗り放題という乗車券だ。(但し、鈍行のみ)

6月、7月、8月のみ使用となる。

6歳以下の子供は大人同伴の場合は不要だが、6歳以上の子供は必要となる。

観光客も購入可能との事。つまり夏休みにドイツに遊びに来た人は、こういったチケットを利用して、ドイツ全国を廻る事も可能というわけだ。

 

ドイツ鉄道の切符売り場でもオンラインでも買えるそうだが、路面電車やバスの券売機でも普通に買える。

 

今回、券売機でも買える方法を簡単にご紹介します。

 

表示①

こちら券売機の画面。

向かって右下に9-Euro-Ticketとある。

1番下に国旗マークがある。英国マークをタッチすれば、英語表示となる。

 

9-Euro-Ticketをタッチする。

 

表示②

Juliは7月、Augustは8月。

どちらかを選んでタッチする。

 

表示③

このように出るので、現金、もしくはカードで支払う。

 

もし、複数購入の場合は、向かって左下のWeiterer Fahrscheinをタッチする。

すると振り出しに戻るので、表示②までをやる。

 

表示④

2枚購入の場合、このように出てくる。

現金、もしくはカードで支払う。

 

チケットには必ず自分の名前を書いて、車掌が来た際に提示する。

提示の際は身分証明書も必要となるらしいので、どちらも直ぐに取り出せれるようにしておく必要がある。

 

<注意>

7月半ば〜8月半ばに使用の場合は、7月分と8月分の2枚を購入するようになる。

 

猫に遭遇す。

昨日から、倅が鼻が痛いと訴えていて、夜になって喉も痛いと言う。

それで今日は学校を休ませ、小児科に予約を入れた。

沢山の子供が病気なのか、午後しか予約が取れなかった。

 

小児科に行く前に庭仕事をして、その後、ドラッグストアにOPマスクとセルフコロナテストのキットを買いに行った。

 

 

結局、診断の結果、倅は軽い夏風邪をひいてしまったようで、明日も学校を欠席、明後日は補習校を休ませねばなるまい。

 

 

◆◆おまけ◆◆

 

道で日向ぼっこしている猫。


私に気が付くと身構えて、塀を超えて逃げてしまった。

 

 

ドラッグストアの帰りにも、またしても別の猫が日向ぼっこしていた。

 

 

こちらの猫さんは、触らせてくれた。

 

今日はよく猫に遭う日だった。

 

 

元気が出た回。

個人的に元気が出た回


www.youtube.com

 

コヤッキーととーやの2人が軽快な口調で、人生のドン底から這い上がった人3選を紹介している。

1.ステイーブン・スピルバーグ

2.ウオルト・デイズニー

3.カーネル・サンダース

の御三方だ。

 

特にスピルバーグ監督はデイスレクシアという学習障害(LD)を持っていると公表されており、その傾向がある倅には、とても勇気付けられたようだ。

※※倅は注意欠陥多動性障害と自閉症スペクトラムを持つ。LDに関しては判定を受けていないが、今迄の傾向から、これもまた併せ持ってるのではないかと、私は疑っている。

 

彼の大好きな映画『バック・トウ・ザ・フューチャー』を手がけた監督も、好物のKFCのあの人も、世界一有名なネズミの生みの親も、夢を諦めずに追いかけた結果、成功に繋がった。

まさにアメリカンドリーム。

勿論、世の中、そんなに甘くない。

それでも、夢はないよりあった方が良い。

 

倅も娘も、どんな人生を歩むだろうか。

夫も私も、これからどんな人生となるだろうか。

 

不安定な世の中、憤りが多い不条理な世界だが、それでも自分の夢を追いかけていきたい。

最期の最後に、「楽しかった。世は満足じゃ」と笑いたいものだ。

 

 

 

コリウスの一部を鉢植えしてみた。

初夏に犬の糞害対策で植えたコリウスがスクスク育ってきた。

 

隣家の薔薇の花びら付きで失礼します。

 

まだあるが、そちらは日差しの関係で、ゆっくり育っている。

同じ場所でも違うのね。

 

コリウス・カニナハイブリッドが正式名称で、40〜50cmくらいになるらしい。

なので、スペースをゆったり目に取ったら、本当にポコポコ増えてきた。

 

暑さと乾燥に強く、寒さと湿気に弱いらしい。

葉を触ると、独特の匂いがする。

犬や猫はそれを嫌うらしい。

日本でも『こっちに来ないで』の名称で売られている。

 

表の細長い花壇に植えているが、さくらんぼの木のある壁側には、鉢植えで置いてみようかと考えた。

それだけ犬の糞害が多いのが悩みの種だが、最近は随分落ち着いてきた。これもコリウスのお陰もあるのかもしれない。

 

コリウスの根がしっかり付き、大きくなった頃に、根元10cm程を切ったら、脇芽が出るという話。うちの子は切る前に、ポコポコ出てはいるがw

取り敢えず、3つ程試しに切って、水に挿しておいた。

 

2日程経って、1つが萎れてきそうになってきた。

どうやら、水挿しをそんなに長くしなくても良かったようだ。

 

慌てて、鉢に植えてみた。

 

こちらは元気そうです。

 

心配なのは、右側の子。

1番大きくて元気そうだったのに↓↓↓

葉を少し切ったりして様子を見ている。

仲間である他のコリウスの増やし方を動画で参考にしてみた。

最近は、色々な動画や記事があるので、本当に助かっています。

 

因みに奥にあるのは、先日根が出て鉢植えしたバジルです。

こちらは元気に育っています。

 

 

翌日の様子。

早朝なんで、アレですが。

元気そうです。

葉を触ると、独特なあの匂いも健在です。

 

気になるこちらは、、、

 

おお!葉が張っているじゃないか!!!

どうやら元気を取り戻したようだ。

 

 

花だらけ。

今日は昨日と一転して、過ごしやすい1日だった。

朝、パラパラと大きな音がするので、窓の外を覗いてみると、晴天なのに雨が降っていた。

「狐の嫁入りだ!」

と家族に話す。

皆、知らないので興味津々となって、空を見上げた。

 

狐の嫁入りは2種類あるんですね。コトバンクによると

1つは、晴れているのに雨が急に降る事。

もう1つは、夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯のように見える物。

だそうだ。

 

 

 

 

ここの所、倅は落ち着いている。

水泳の授業が終わってから、図書室に行くようになり、ギネスブックや未確認生物の本を借りてきている。

娘は日本の某武術の合宿にまた参加して、楽しかったが、とても疲れたようだ。

彼女は結構充実した中学生活を送っていると思う。

先日は、ギムナジウムが地元の大学との共同企画で、玩具で「未来の学校」を製作するとかで、参加希望の娘は友達と一緒に大学まで行ってきた。初めての大学の印象は

「すっごく大きかった!」

で、

「その大学に、お母さんは通ったんだよ」

と話したら、驚いていた。(^◇^;)

 

所属しているチェス部でも、他校との交流会があるようなので、本人が望めば、参加させても良いかなとも思っている。

 

 

倅が下校してきた。

今日は涼しいから、久し振りにボルダリングに行こうかと誘ったら、倅は大喜びだった。

 

 

この場所は川沿いにある。

 

沢山の植物がここぞとばかりに花を咲かせていた。

 





 



 

 

今日は曇りだから、水遊びをしている人はいなかった。

 

 

実りの季節。

今日も日中は暑い🥵

 

買い物に行った道すがら、洋梨の実を発見。

 

拡大したら、こんな感じ。

沢山実ってます。

因みに洋梨の隣には、さくらんぼが沢山実ってました。

 

 

 

こちらは我が家のさくらんぼの木。

歩道側なんで、この辺はなかなか収穫ができない。

 

細長い花壇に、倅が1粒だけ植えたひまわりが、随分大きくなっていた。

 

実りの季節ではあるが、なかなか暑い。

皆様も夏バテに気を付けてお過ごし下さい。

 

 

父子の日曜日。

今日の我が街は晴天で暑かった。

来週はどうやら雨が多くなり、気温も少々下がるそうだ。

週末恒例の、近所のプールに夫と倅は出かけていった。

 

その時に、戦艦ビスマルクと戦艦大和ごっこをしたらしい。

ビスマルク、大和共に第二次世界大戦でその異名を轟かせた戦艦である。

共に沈没してしまったのも、妙な共通点でもある。

 

その名前を聞くと、私にとっては鉄のビスマルク宰相と宇宙戦艦ヤマトの方が馴染み深いが、こうやって夫が戦争や歴史の話を、ドイツの視点からしてくれるのは大変ありがたい。

今でも戦争がテーマの映画やドキュメンタリーが、繰り返しテレビでも視聴できるようになっており、それは絶対に忘れてはならない重要な歴史の1つだと私は思う。

 

そういえば、娘の学校にクロアチア人の男子がいて、彼は国旗や歴史が大好きで、そして戦争関係に興味があるらしい。

そんな彼が第二次世界大戦で、何が1番心に残ったかというと、神風特攻隊の話だったそうだ。

その神風特攻隊についてのドキュメンタリーがあり、私も昔、観た覚えがある。

今では考えられない程の緊迫した状況下で、若い命が散っていく様子は、なんとも言えない気持ちになった。

 

夫が『硫黄島からの手紙』をまた観たくなった、と言うので、じゃあ、今度は倅も一緒に観ようと話した。

アメリカ側、日本側の両方からの視点で描いているという、クリント・イーストウッド監督作品だ。

この作品を随分前にドイツの小さな映画館で、夫と夫の友達と3人で観た。

本当は合わせて『父親たちの星条旗』も観たら良かったのだけど、そちらはまだ未視聴なので、是非、観てみたいと思う。

きっとまた泣いてしまうかもしれないが、今観ると、違った印象に映るかもしれない。

 

 

 

 

 

 

子供等の創作活動。

 

今日は毎週土曜日恒例のミュンヘン日本語補習校の日だった。

気温はそれ程高くなくて幸いだった。

日本はとても暑かったようですね。

皆様、どうか御身体を御自愛下さいませ。

 

 

さて、私の子供達は自分のオリジナルキャラクターを持っていて、小さい頃から漫画や小説を制作しており、今でも、それを頭の中で動かしたり、漫画にしたり、動画編集したりして遊んでいる。

子供達は神話や読み物としての旧約聖書が大好きで、娘は作中に『神』を登場させてみては、あれこれストーリーを展開させている。

それをよく私に教えてくれる。

一緒にキャラクターデザインを考えてみたりもするが、私の考える『神』と娘の考える『神』とでは、どうもイメージが異なるようだ。

 

作品の構成を考えるにあたり、その時々により、現在、子供が何に影響を受けてどんな考えを持っているかが分かるので、色々と話を聞かせてくれたり見せてくれたりするのが、とても嬉しいし、ありがたい。

 

少し残念なのは、子供等にとっては日本神話は馴染みが薄い事だ。

それでもいつか興味を持ってくれるかなと淡い期待を寄せながら、ちょくちょく話を挟んでみたりしている。

 

 

◆◆おまけ◆◆

 

歯医者の検診に行った際に、夫が撮影した写真。

向かって右に1羽だけいるのは、会社に出勤している自分みたい、だそう。

いつも家族の為に働いてくれて、ありがとう。

 

 

 

この親にして、この子あり。

 

娘は思春期真っ盛りの花の14歳である。

普段はTシャツにGパンという出立ちで、学校生活を送っているが、ここ最近、可愛い服装に目覚めたようだ。それに伴い、髪型も少し変えてみたりして、本人なりにお洒落を楽しんでいる。

娘の好みは、こちらの中高生くらいの女子達の流行(?)の臍出し短パンルックとかではなく、どちらかといえば清楚系というか、いつの世でもウケが良い感じの服装(主にロングスカート)で、私の若い時に着ていたお古の服でも喜んで着てくれる。

 

元来、私が流行に異常に疎く、流行った数年後にリサイクルショップで服を購入するものだから、子供達(特に娘)には毎回、

「お母さん、これ、2年くらい前に流行った服だよ。あの時、私以外のクラスメートの女子は皆着ていたよ」

と呆れられる始末。それでも

「こんな服は嫌。今流行りの服が欲しい」

と一度も強請った事がないので、子供にとっても、さほど流行は重要ではないらしい。ま、この親にして、この子あり である。

 

毎回、衣替えをする時や、私の友達や親戚からお古をもらった際に、サイズやデザイン等を確認して、娘が着れそうな服を幾らかあげている。その中には、私の妹が妊婦時代に着ていたジャンバースカートも入っていた。

結婚したのは私の方が早かったのだが、妹の方が先に妊婦になり、私は随分経ってから妊娠したので、そのお下がりをもらっていたのだ。

太ったせいで妊婦服のジャンバースカートも履けはするが、流石に年齢的にきついデザインもあるので、そういった類も娘にあげたら、腰紐で上手く調整して、妊婦服には見えない程、とてもスマートに着こなしていた。

 

先日、日本の母とフェイスタイムをした時に、今流行りのスカートの話になり、私達がいつか帰国したら、また買って帰りなさいと母に言われてしまった。

勿論、そうするつもりだよっ( *`ω´)

80歳前の日本の母の方が、50歳の私よりも流行に敏感とは、これいかに!?

 

 

 

◆◆おまけ◆◆

 

夫の友達が手土産に持ってきてくれたチョコレートケーキ達。

このどっしり感がたまらない。

 



 

 

 

 

少し進展。

このブログ内でも犬の糞害の話を書いているが、また少し進展があった。

 

プフィングステン休暇明け、また糞害が始まるかなと思いきや、幸いな事に、今はまだそういう状況にはなっていない。

それどころか、少し状況が変わってきた。

 

というのも、うちの壁や花壇をトイレにする犬は、その位置やブツを置く特徴からいって複数いるのだが、連れている1人が今朝、ビニール袋を持ってブツを取っていたのを見たのだ。

 

彼女はトルコ系女子で、いつも2匹の小犬を連れている「ご近所さん」だ。

2匹とも彼女自身の犬なのか、それとも1匹だけなのか、はたまた、バイトで犬の散歩をしているだけなのかは定かではないが、とにかく、彼女と犬が通った後は、大抵ブツが置かれてあった。

実は夫は現場を目撃したらしいが、その時はタイミングが悪く、注意をしなかったそうだ。

私自身は現場をはっきりと見たわけではなかったので、腹ただしいと思いながらも、注意できないでいた。

 

さて、義母宅から帰ってきてから、花壇の雑草が伸び放題になっていたので、疲れてはいたが、大雑把ではあったものの雑草を抜いていたら、彼女が私に挨拶をしてきた。

驚いて私も挨拶をした。

今迄は、こちらを避けているような素振りすら見せていたのに、一体、どういう風の吹き回しだろう。

 

最近は糞害が殆ど無くなってきて安堵しているが、だからといって油断は出来ないとは思っていた。

すると今朝は、糞を取ってビニール袋に入れているではないか。

 

夫に、直接注意をしたのか聞いてみたが、何もしていないと言う。

ともあれ、こちらが文句を言わなくても済みそうだ。

 

まあね、この辺を犬の散歩コースにしている人は沢山いて、糞害をもたらす人も複数いるので、油断大敵ではあるが、このまま少しずつでも解決してくれたらと願っている。

 

 

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

闘いに明け暮れてw

 

2週間の休暇明け、やっと子供達は学校に登校した。

その束の間、倅が体調不良で早退してきた。

ここの所、急に暑く(30℃以上が3日程続く)なったりしたので、体がついていかないのだと思う。大事を取って、昨日は休ませたが、今日は登校した。

子供というのはゲンキンな生き物で、家でだらだら過ごせるから体調不良が嬉しかったらしい。

 

さて娘には、どっちが先に目的地まで着くかといった、常にくだらない事で闘いを挑んでくるクラスメートがいる。ライバル君と勝手に命名しているが、今回もライバル君と、どちらが先に休み時間後に教室に戻れるかを争ったらしい。

結局、タッチの差で娘が勝ったが、余程悔しかったのか、ライバル君は友達に

「同時だった」

と報告。しかし友達は事実をしっかりと見ていたようで、

「それは良くない」

と彼を嗜めたそうだ。

 

正々堂々と戦うのは良い事だ。

2人とも、フランス語が苦手だから、こちらも切磋琢磨して欲しいものだ。

 

ライバル君の記事は他にもあります↓

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

 

 

 

◆◆おまけ◆◆

 

夫が買ってきたRhabarberkuchen。

2種類とも今が旬のルバーブのケーキとなるが、ルバーブそのものがかなり酸っぱいので、ケーキではマイルドに味付けされている。我が家は生クリームを添えて食べる。

因みに向かって左側がそのものの大きさ。右側は私が半分に切った。

ドイツのケーキは見た目も大きい、味も大味である。

 

 

 

一日一瓶。

さくらんぼの実が赤くなってきた。

それで先日、一瓶分のみ収穫してジャムにしてみた。

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

で、今日も一瓶分、新たにジャムを作った。

 

向かって左は前回作ったやつです。

 

何故、まとめて収穫して、まとめてジャムを作らないかって?

 

その理由は

 

・種を取る作業が面倒臭い

・収穫できそうな実が揃っているわけではない

・私は背がそれ程高くないので、脚立に登っても、手が届かない所に熟したさくらんぼがあると、取れない

 

からだ。

 

でも、一日一瓶分ずつっていうのも悪くないので、今年は現状維持でいく予定だ( ̄▽ ̄)

 

ところで、私は今回ジャム瓶の数え方を一瓶としたが、確認の為、あれこれ検索してみると、どうも一個二個とか一つ二つ、の方が妥当のような印象がある。

果たして、どれが適当なのだろうか。

夫のような外国人が日本語を習う場合であっても、この日本語の「数え方」というのは四苦八苦するらしい。

日本語は対象物によって数え方が違ってくるので、これを覚えるのだけでも大変だと言っていた。確かに、私の子供達も変な数え方をする時がある。その都度直してはいるが、こういうのも含めて、日本語は習得が難しい言語と言われているのかもしれない。

 

 

 

◆◆おまけ◆◆

 

アングルが面白かったので。

バジルを植えてみた。

ずっと鉢植えのバジルを買っていたが、葉を取ったら、それでお終いになっていた。

今回は無限に増やしてみたいと思い、自分でも植えてみる事にした。

 

太そうな茎のものを選び、5日間程、水の入ったコップに挿してみた。

 

 

 

 

5日目、こんな感じです。

根が出てきました。

 

 

 

某動画の中で、根がなくても植えていたら、根が出てきて、ちゃんと育っているのがあり、試しにやってみたが、全然根が出て来ずに萎れてしまい駄目だった。

うp主さんが育てるのが上手いのか、自分が下手糞すぎるのか、、、orz

 

それで、まず、根を出すように、グラスに水を入れて、そこに挿しておいた。

 

いよいよ植えてみる。

 

手前のバジルです。

 

本当はもうちょい根を生やした方が良かったかも、、、と植えた後で、少々後悔。

奥のバジルは、鉢植えされたバジルの中で、根ごと抜き取ったものを、そのまま植え替えたものです。

こちらは1〜2週間程経っています。

 

果たして元気に根付くかな。

 

 

2日後のバジル。

植えた当初とあんまり変わってないように見える。

どうやら大丈夫そう。。。

水をたっぷりやり過ぎたら、根腐れしそうになり、逆に萎れてきた時もあり、、、植物を育てるってのも難しいですね。

我が家愛用の日焼け止めスプレー(クリーム)。

インドア派の我が家ではあるが、夏なので、日焼け止めスプレーを買ってきた。

登下校中や野外のプールに行った時なんかに使え、子供等は未だに愛用している。

 

 

 

日焼け止め+虫除け用スプレーだ。

子供等はよく蚊の被害に遭いやすいので、こういうのが丁度良い。

 

中身はさっぱりした白いクリーム状になっている。

日焼け止めクリームによっては、肌に合わなかったり、てかったりするが、これはそういった問題がない。

幼児から使えるのも、ありがたかった。

 

www.antibrumm.ch

 

 

ドイツでは、浅黒い肌、というか小麦色の肌が健康な証らしく、夏場は庭や川辺で日光浴をする人が多い。買い物帰りや下校中に、道路に面した庭で優雅に日光浴をしている初老の人をよく見かける。

近くにある川まで水着姿のままで行く人もいて、目のやり場に困る時がある。

そういえば、昔、知り合ったドイツ人のスチュワーデスは日焼けサロンで焼いてるよね?ってくらい、年中褐色の肌をしていた。

 

ドイツ人の美的感覚からいくと、皺の方が大敵らしく、シミやそばかすは、そこまで気にならないようだ。

昔から夫に、化粧に関してはよく注意されていた。厚化粧でもないのに、だ。 

 

そんなわけで、美白効果だとかシミ防止とかの化粧品は余り見かけなかったが、近年では少し変わってきた気がする。

シミ対策専用クリームが、ちょくちょく出てくるようになってきて、私は非常に嬉しい。

 

夏の日差しが痛い程なので、一点集中型でジリジリ焼かれてる感が半端なかった。

日焼け防止対策をしっかりして、お肌を守らねばっ