ちりやま日記

ドイツで子育てのあれこれ、本やドラマや動画の感想等を綴っていきます。

暑過ぎた。

f:id:ayayukimoto:20210509235611j:plain

 

日曜の午後の散歩は暑すぎた。

 

一気に27度くらい上がったので、日光浴やBBQをやってる人、サイクリングや散歩の人達で賑わっていた。

 

 

f:id:ayayukimoto:20210509235749j:plain

 

承太郎とDIOは先客が餌を投げていたのもあって、私達に目を合わせてもくれないw

 

子供達は残念がっていたが、仕方ないよ。日が悪かったという事で。

 

驚いたのは、夫と私の歩調が逆転してしまっていた。

前は私の方が遅くて、夫が早足過ぎて、追いつけなかったのに。今では私が何度も呼び止められるくらい早くなっていた。

 

全くいつもと変わらない歩速のつもりだったのだが。

車を使う人と歩いて生活している者との違いだろうか。

 

f:id:ayayukimoto:20210509235937j:plain

 

子供達は帰宅して直ぐに水風呂に直行。

 

ともあれ、今日は楽しい1日だった。

 

措置緩和されてきているから、再来週には分散登校になるかもしれない。

ミュンヘンは今週から分散登校となる。

理髪店は基準値100以下の場合は、コロナテストをしなくても良くなったようだ。

なんだかよく分からない。

しかし、5月末から6月初頭までの休暇中の催し物なんかの申し込みはできるそうだ。

うちはもう少し時間がかかる。(また少し上がったし〜(-。-;)

 

 

 

 

 

 

母の日に想う。

f:id:ayayukimoto:20210509170834j:plain

母の日に家族からもらった花

 

 

私には年子の妹がいる。

彼女と私は非常に相性が悪く、よく喧嘩した。

しかし、大人になってから2人の関係は変わってきた。

 

父は私が高校3年の時に癌で他界し、母はその後は女手一つで私達を育ててくれた。

私は高校当時は不登校だったが、ギリギリで卒業、その後は通信制の大学に通いながら、バイトをし、卒業した。

妹は地元の大学に半年程籍を置いていたが、その後、中国へ本格的に留学したのを機に、日本の大学を退学、そして中国の大学を卒業した。

 

母とも折り合いがよくなかったが、ある時、先進国の若者は、問題があった時に、誰にまず相談するかという統計を見た時に、愕然とした。

日本以外は、家族に相談するとあったからだ。

日本人は問題があった時は親友に相談、その後に家族と書かれてあった。

 

確かに、私も親よりも親友に相談していた。

もしかしたら、そういうのがあるから、私は母と喧嘩ばかりするのだろうか?

それから改めて、自分の態度を省みて、私から母に歩み寄るようになった。

 

結婚して物理的距離ができ、お互いの生活に干渉しなくなってから、母とも、そして妹とも関係が良くなった。

一つ屋根の下にいない方が、私達家族にとってみたら良かったようだ。

今では、毎日フェイスタイムをするくらい母とも仲が良く、そして妹を信頼していて、何かあったらお互いに相談している。

 

さて、補習校の幼稚部、また未就園児の育児グループの卒業アルバムを見ると、『自分にとって1番大事なもの』の欄に、娘はビーバーのぬいぐるみと書いてあった。

家族と答える子供が多くて、個人的にはかなり驚いた。

だって、幼稚部の卒業アルバムに、自分にとって大切なものは家族です!と答えるなんて、随分大人びているものだ。

小学部の文集でも、「お父さんお母さん、ありがとう」の感謝の言葉が連なる中、娘は

「校内が広すぎて、母と一緒に道に迷ったのが面白かったです」

と、補習校での第一印象を書き、それから、

「私にとっては、小学部は通過地点に過ぎません。高等部を卒業するまで頑張ります」

と締めくくっていた。

 

そんな娘も、最近になって

「自分にとって一番大事なものは家族」

と言うようになった。

 

どういう心境の変化かは分からないが、そうやって本人が素直に言えるようになるまで待って良かったと思う。

うちの子は、2人とも、他の子供達に比べて幼いのだろう。

しかし、倅の療育園での経験をきっかけに、家族の大切さを身にしみたのだろうか。

 

今日は母の日だ。

実母と義母宛てに注文した花束が届いたよと連絡があった。

夫は私の為に、花束を2つ注文してくれ、それを子供達が渡してくれた。

 

母と義母に感謝しながら、長生きしてほしいと願いながら。

そして子供達と夫の変わらない愛情に感謝しながら。

 

 全ての頑張っているお母さんへ、

母の日、おめでとうございます。


 

 

 

 

DIO🦢に威嚇される。

f:id:ayayukimoto:20210508211417j:plain

 

倅のオンライン授業が終わり、娘が入った。

倅はソワソワしてしまっているので、邪魔にならないようにしなければならない。

出不精の私だが、天気が良いので、承太郎とDIOに会いに行こうと誘った。

 

「但し、今日は自転車ではなく歩いていこう」

実は上の階に引っ越ししてくる人がいて(大家の息子さん)、今、自転車が取り出しにくくなっているのだ。

倅も快諾。

 

ドイツは西岸海洋性気候で、日差しが痛く感じる。

ずっと家にいるにも関わらず、何故か倅はホクロが出てきてしまっているので、家の中でも日焼け止めクリームをするべきかもと痛感している。

ともあれ、しっかり紫外線予防をして、パン持参で行ってきた。

 

 

昼過ぎだから、お昼寝してるかも・・・

 

 

いた!

 

ちょっと昼寝中ぽかったのに、私達を見ると、寄ってきた。

 

f:id:ayayukimoto:20210508211525j:plain

 

 

倅がパンをあげるとパクパク食べていた。

 

f:id:ayayukimoto:20210508211918j:plain

手前の首の太い方がDIOです。(倅が命名)

 

機嫌が悪かったのか?パンをあげたら、ガーガー言って、羽根をバタつかせようとしていた。

 

パンはしっかり食べていたから

・昼寝中だったのに煩いのが来たから腹が立って悪態つけてみた。

・昨日は雨で来れなかったから、「何で来んかったんで?」と白鳥語で言った。

・お腹空いてたから、「もっとくれ」と強請ってみた。

の、どれかだと勝手に解釈してみた。

 

 

今日は天気が良かったので、釣り人も沢山いました。

 

木にはリスもいた。

すばしこいので、写真に撮れなかったのが残念。

 

昼間の散歩も気持ちが良いものだな。

 

 

 

蛙の子は蛙

f:id:ayayukimoto:20210508174502j:plain

 

 

学校や幼稚園、更には習い事なんかで休み時間中に、さり気なく子供の様子を覗いてみて、時々心配になったりする。

 

自分の子供は、どうして他の子供と離れているのだろう?

そういえば、家にも友達を連れてきた事がなかった。(うちはアパートの関係で、連れてきてもらっても、家の中では遊べないのだけど)

うちの子、もしかしたら誰とも遊べてないのではないか?

 

そんな風に不安が過ぎる。

 

友達からしょっちゅう誕生日会に招待されている娘なんかでも同様で、これはもう、そういうものなのと思うようにしているが、始めはどうしても神経質になってしまっていた。

 

しかし、ふと我に返ると、自分も同じだと気付く。

 

以前通ったドイツ語講師の研修では、休憩時間にはいつも1人でいたし、その方が本当に気楽だった。

たまに他の人の話に加わりはしたものの、それが毎回になる事はなかった。

その研修にはドイツ人以外の人達も沢山いたが、基本は皆ドイツ語で会話する。

良いクラスだったと思う。

最後に講師も一緒にご飯を食べてお開きになったが、WathsAppでは今でも繋がっていて、たまに連絡が入る。

中には、マウントの取り合いがあったり、講師が問題視する程荒れるクラスもあるのだ。

クラスのカラーにもよるが、私は受け持つクラスや学生時代のクラスに恵まれている事が多かった。これは本当にありがたい事だ。

 

娘はクラスに恵まれていると思う。

例え、嫌いなクラスメートがいても、それをスルーできるし、他の友達と遊ぶ事もできる。

しかし倅は微妙だ。

倅の場合は、先生との相性もあるので、結構大変だと思う。

たまたま自分と相性の悪いクラスメートがいるクラスに当たってしまうのだろうか。

クラスメートには恵まれても、先生が倅にネガテイブな印象を持ち、それをあからさまに態度に表す事もあった。

「今日どうだった?」

と聞くと

「1人でいた」

と話す事も多かったが、

「1人でも楽しく遊べたよ。僕、こういう事をやって遊んだんだ」

と教えてくれたので、

「良かったじゃない!楽しく遊べたのなら、それで充分だよ」

とよく言っていた。

 

今日は倅の方が最初にオンライン授業を始めた。

休憩時間になったので、倅は部屋を飛び出して、レゴブロックで遊び始めた。

先生が小グループにしてくれたので、女子グループは賑やかだったが、男子グループになると、途端に静かになっていた。

男子の場合、特定な子とだけ雑談をするケースが多かった。女子の場合は

「あなたはどう?」

と話に加われない子にも振れる気さくなタイプもいる。

 

娘に

「休憩時間は娘のところでも小グループにしてくれるの?」

と聞くと

「うん。でも私も倅君と同じで、すぐに何処かへ行っちゃう」

と答えていた。娘もボッチでも平気なのだ。

 

確かに、、、

 

客観的に見ると、1人で寂しくないのかなとか、うちの子、友達がいないのかなとか心配になってしまうものだが、当の本人達はそこまで不安になっていないのかも。。。

 

 

 

 

電動コーヒーミル

ドイツのドラッグストアには色々な物がある。

 

コーヒーミルまで、たまに販売される。

f:id:ayayukimoto:20210507172124j:plain

電動です。

 

大手のスーパーでは大型のコーヒーミル機が置かれていて、そこでも挽けるっちゃ挽けるのだけど、やっぱり自宅でやりたかったので、ずっと探していたのだ。

定期的にこういった商品も販売されるドラッグストアやスーパーは、かなり重宝している。

 

いつもは市販のコーヒーを買うのだが、挽いてない状態のコーヒー豆を頂いたので、どうにかしないとなあと思っていたのだ。 

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

本当は手動が良かったのだけど、流石にそれは無理なので、、、というか、大きなデパートのある街中まで行くのも、今は難しい。

第一閉まっている可能性もあるので、リスクを背負いたくない。

 

実は少し問題がありまして、、、

倅がつまみ食いして、豆を食べるんですわ(*_*)

夫や私がたまーに眠気覚ましで齧ったりしていて、それを倅も真似をするという、、、

 

まさかそんなことをしているとは、露にも思ってもみなかったので、発覚した時には呆れ返ってしまった。

コーヒーミルを買うまでコーヒー豆を隠しておいたのだが、やっと手に入ったので、早速挽いてみる事にした。

 

 

 

 

f:id:ayayukimoto:20210507173153j:plain

箱から出してみた。

 

 

 

f:id:ayayukimoto:20210507173229j:plain

コーヒー豆を入れます。

 

f:id:ayayukimoto:20210507173311j:plain

ボタンを押すと、大きな音が出ます。

協力者の倅は驚いて手を離しそうになっていた。

 

f:id:ayayukimoto:20210507173451j:plain

こんな感じになりました!!!

いつも買う市販されているコーヒーより少々粗い感じ?

挽いてる時間が短めだったからかな。

 

普段、朝しか飲まないが、試しにお昼に飲んでみた。

香りが良くて味もまろやかでした☕️

 

 

www.rossmann.de

 

今朝の白鳥(勝手に命名編)

テレビを見たいか、白鳥に会いたいか、どちらが良い?と聞いてみたところ、倅は「白鳥」と答えた。

 

オンライン授業がなかった+雨が止んでいた、更に白鳥を選んだので、朝食後に倅と自転車を走らせ、近所の川まで行ってきた。

 

いた!

 

f:id:ayayukimoto:20210506171324j:plain



随分、うちの近所にきたものだな。

 

f:id:ayayukimoto:20210506172258j:plain

 

白鳥って大きいよね。

遠目でもすぐに分かる。

 

f:id:ayayukimoto:20210506171726j:plain

私達を見ると、寄ってきた。

 

完璧に餌くれる人間と化しているな(^_^;)

 

f:id:ayayukimoto:20210506171946j:plain

f:id:ayayukimoto:20210506172606j:plain

承太郎とDIO(倅が勝手に命名)

私の中では、ツガイなので、白太郎と白子とかね、いずれにせよ、白鳥にとっては迷惑この上ない(^^;;

 

 

 

f:id:ayayukimoto:20210506172754j:plain

ちんたら走る倅。

なかなか来ない。

 

f:id:ayayukimoto:20210506172922j:plain

 

 

f:id:ayayukimoto:20210506172953j:plain

この先を抜けると湖です。

 

 

これから朝の勉強を始める。

現地校では、掛け算とäやäuを習っている。(単数形→複数形。つまりa→ä、au→äuとなる)

 

 

 

 

現地校小2の研究発表のプラカード作り。

f:id:ayayukimoto:20210505194838j:plain

 

昨日も少し書いたが、現地校では小2くらいから研究発表をする。

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

今日のオンライン授業で、先生が

「もし、開校になった場合は、学校で発表をするようになるかも」

と言っていたので、こりゃ、悠長な事はしてられねえ!!と、倅と2人で大急ぎで作った。

因みに、大きな色画用紙、テーマとなる小動物の資料は、先週末の宿題交換の際に、全て学校からもらった。

今週は、Youtubeにアップされた研究発表の為の準備動画を見ながら、作業にあたるのだが、これがまた本当に時間がかかる。

動画では、大体1つのサブテーマについて方法を教えてくれるのだが、サブテーマ自体は、5つ以上はあるのが望ましいようで、それは自分達で探して書いていくようになる。

倅はサブテーマ1つで、もう良いです、、、とヘタレてしまい、毎回探すだけでも時間がかかってしまうのだ。

 

サブテーマは、チンチラの

・外見

・寿命

・食べ物

・飼育の仕方

・特筆すべき事柄

となっている。

 

学校からもらった資料に全て書いてあるので、動画を参考にしながらやっていけば良いが、未経験の場合は、大変だろうなと思う。 

それ以外にも、チンチラは主に何処に生息しているのか、体長はどのくらいか等の細かい情報を自分の頭の中に入れておかなければならない。

 

練習をしっかりしても何があるか分からないものである。

果たして、本番で上手く発表できるのか、微妙なところである。

 

娘が

「チンチラってなに?」

と聞いてきたので、倅に練習がてら、ドイツ語で研究発表をさせてみた。

 

うーん、、、まだまだだね(by.越前リョーマ)

 

まあ、本番まで時間があるだろうから、頑張って練習させておかねば。。

 

ところで、掛け算の方は、クラスで既に習得している子供もいて、そういう子が積極的に発言をしていた。倅も頑張って挙手マークをして発言をしていた。

案の定、言い方に間違いは出たが、すぐに取り戻せていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使ってないと忘れるもんだ。

f:id:ayayukimoto:20210505010737j:plain

補習校 倅小1、娘小5の時

5月5日は子供の日ですね🎏

 

補習校で毎週日本語の勉強をしていても、使わなければ、本当に忘れる。

特に、毎日日本語を意識して練習をしているわけではないので、この手の問題に陥りやすい。

それは自分にもいえる事で、ドイツ語を使わない、聞かない、読まなくなると途端にできなくなる。よくドラマとかで、ほんの少し外国語を齧っただけとかでも、その言語を滅茶苦茶よく知っていて超バイリンガルな設定とかあるけど、あんなの絶対に嘘だと思う。

たまにそういう凄い人もいるけど、必ずどこか、例えば、発音が違っていたり文法が怪しかったりするものだ。

完璧な人って殆どいないと思う。

 

うちの子供達もご多聞に漏れず、使わないと忘れてしまうクチである。

それでもなんとかやっていけているのは、日本に文通相手や親戚がいて、帰国する度に会って遊んだり訪問したりしているからだ。

家では私と日本語で会話をしていて会話に関しては問題は少ないのだが、漢字はやっぱり難しいようだ。

 

ところで、前回、デモがあったからかどうかは分からないが、バイエルン州が制限措置を緩和したようだ。

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

5月10日から基準値が継続的に165を下回ったら小学校は対面授業、もしくは分散登校での交換授業が可能となるらしい。但し、ギムナジウム他、中学校以上はもう少し先のようだ。

それに伴い、学校の先生も徐々にワクチンを接種していて、着々と開校準備も進んでいる印象だ。

 

ミュンヘンはもう110くらいなので、来週には開くのではないかと、ミュンヘン在住の友達が教えてくれた。

うちの街は、まだ165にもなってないので、来週もオンライン授業だろうが、プフィングステンという休暇が5月末から6月にかけてあり、これでまた移動したら、基準値が上がりそうな気がする。。。

ていうか、休暇までに下がって、1回でも学校に行けれる日が来たら良いのだけれど。

かなり微妙である。

 

ともあれ、開校できそうな地域の話を聞くと、僅かに希望が見えてくる。

明日もオンライン授業を頑張るぞ⭐️

ドイツの掛け算

f:id:ayayukimoto:20210504151018j:plain

姉弟

 

今日は随分寒い。

風も結構強いので、引きこもっている状態だ。

 

いつもなら倅の方は朝9時にオンライン授業となるのに、今日は8時だった。

娘と同じ時刻じゃないか!!

昨日、担任から

「急に学校に行かなければならなくなったので」

とメールがあったので、分かってはいたものの、子供達は眠そうだ。

 

それでも今日は、最初に発言できたり、倅的には朝から順調のようだ。

さて現地校小学2年の現在、明日から掛け算を教わる事となる。

※※※注 倅は早生まれの9歳であるから、日本では小4となるが、現地校は1年遅らせたので、この9月から小3となる。毎週土曜日に通っている日本語補習校では、普通に小4として、4月から進級させている。

 

ドイツの掛け算は日本のような九九とは少し違う。

 

例えば2の段を

 

2x1=2

2x3=6

2x4=8

2x5=10

2x6=12

2x7=14

2x8=16

2x9=18

2x10=20

 

と日本では習うが、ドイツでは

 

1・2=2

2・2=4

3・2=6

4・2=8

5・2=10

6・2=12

7・2=14

8・2=16

9・2=18

10・2=20

 

とあべこべになり、それで混乱をきたす日独ハーフもいる。

 

娘はかなり早い時期に九九を覚えたが、もうすっかり忘れてしまっている(涙)。

倅は何度復唱しても未だに九九を完璧に覚えれてはいないが、現地校でこれから掛け算を習うにあたり、予習で現地校からもらったドリルや、夫や義母からもらった掛け算の練習帳を早い段階でやっているので、そこまでの混乱はないようだ。

そして完璧ではないにせよ、日本式の掛け算が功を奏しているようで、取り敢えずは、躓かないでいけそうだ。

 

因みに、ドイツでは小2くらいから、他の子供と共同で、もしくは1人で研究発表を行う。

今はロックダウンだから、そういうわけにもいかないが、先生がYoutubeにアップしてくれた動画を見ながら、研究発表の作業にあたっている。

コロナ禍であっても、ノルマをこなさないといけないなんて、大人も子供も大変だ(^_^;)

 

 

Presssack

f:id:ayayukimoto:20210503005356j:plain

 

こちら、日本語でなんて呼ぶんだろうと調べてみたら、Wikipediaにはフロマージュ・ド・テートと随分ヲサレにフランス語読みを片仮名にして書かれてあった。

だったら、ドイツ語のプレサック(プレザック、もしくはプレヴルスト)でもいいんじゃね?なんて勝手に思ってしまう。

 

Presssackは豚やら牛やらの頭部の肉とゼラチンのソーセージである。

野菜や卵を一緒に入れたものもあったりするが、夏に食べると美味しい。見た目も涼しい。

ドイツでは昼食以外は冷たい料理を食べるのが定番なので、黒パンにPresssackを食べるのも一興だ。

 

ピクルスと生野菜を添えて出すレストランもある。

炒めたジャガイモを添えて食べる場合もある。

我が家はシンプルに酢と生玉ねぎ、そして胡椒をかけて頂く。

 

もう5月なのに、雨が降ると肌寒い。

そんな日にはお勧めできないが、晩ご飯の1品はこのPresssackにした。

 

待ちぼうけ

f:id:ayayukimoto:20210503172920j:plain

 

たまーにこういう事ってありますよね。

自分がたまたまチャットとかメールとかお知らせを見逃していて、待ちぼうけを喰らってしまうコト。

 

娘の先生の1人が妊娠中でもオンラインだから授業をしてくれるそうで。

しかし今日は絶不調だったらしい。

 

待ちぼうけを喰らわされて、同じように来た同級生と話が弾むわけがなく。(だってあちらは男子で、しかも娘にとって余り好きではないタイプ)

取り敢えず、暫く待って、2人とも退出してみたら、先生から体調不良を理由に、今日の授業は取り止めという知らせが来た。

 

今日は倅のオンライン授業が先にあった。

昼ご飯を食べさせ、今は娘が入っている。(娘の苦手なフランス語だ)

倅は私の横で、漢字の練習をしている。

倅は勉強が終わったら、今日は編集動画を作りたいんだそうな。

上手に作れたらいいね。

我が家のおうち時間

今週のお題「おうち時間2021」

 

そういえば、今日本ではGW(大型連休)なんだよね。

子供達にそう話すと、中2の娘はニヤリ( ̄∀ ̄)と笑い

「ドイツもじゃん!」

と返された。

 

いやいやいやいや、ドイツはロックダウンであってゴールデンウイークとは違うからっ!!

 

でも日本でも最近緊急事態宣言が出たという話ではないか(涙)

相変わらず、世界中、どこもかしこも混沌としている。

 

今年に入って、子供達は何回登校しただろう。

数える程しか行ってないが、数える気すら失せるほど気持ちが萎えてしまっている。

 

 

ドイツでおうち時間、、、

長すぎます。orz

 

 

子供達にとっては、ロックダウンも連休みたいなものなのだろう。

友達はいても社交的ではないので、おうち時間が長くなっても平気らしい。

但し、2人ともオンライン授業が嫌いなので、それさえなければ、、、と我儘な事を言っている。

 

我が家のおうち時間は、朝から晩まで24時間、子供達とべったりの毎日だ。

午前中に小学生の倅と闘いながらオンライン授業と課題をやり、三食ご飯を食べさせ、家事や買い物、掃除を済ませ、娘に宿題を促しまくり、終いには

「宿題をするまでタブレットを没収じゃo(`ω´ )o」

と切り札を出す。すると娘は渋々宿題をする始末。嗚呼、、、

夜には、子供達がお勧めする動画を一緒に見て、ぐだぐだコメントをする。今見ているのは、マイゼンシスターズとリトルナイトメアの実況動画だ。たまに3人がファンのドイツ人のユーチューバーさんの動画を見て笑う。

それから私が練習がてらドイツ語の児童文学を音読する。

夫が帰宅するのが大体その頃となる。

 

そんな喧騒な中にも至福の一時がある。

それは私がタブレットでブログに向かう時だ。

皆さんのブログを読んでいる時。

共感したり、目から鱗だったり。

長期ロックダウンと失職で自信がなくなったのが原因か、鬱が復活してしまった自分ですが、風景や動物の写真を載せているブログに癒されています。

さり気ない日記系のブログや記録日記系では、共感や励まし、自分も頑張るぞという気持ちにさせてもらえる。

書籍や番組の感想ブログ、ご自身の専門分野での情報系ブログでは、ひたすら勉強になる。

人それぞれ個性があるように、ブログにも、書き方にもそれぞれ個性があると今更ながら気付かされるのだ。

 

あとは動画やブログで新しいレシピの開発ですね。

最近試したのは抹茶ラテ。

実はドイツのドラッグストアで抹茶が買えるのだ。

今までずっと普通の抹茶くらいしか淹れなかったが、抹茶ラテを試しに作ってみたら、意外にも倅にウケた。

今日は娘にも作ってあげようっと。

 

 

 

 

 

 

サンドマン

f:id:ayayukimoto:20210502153450j:plain

出典:MDR.DE

 

『ジョジョの奇妙な冒険』のサンドマンの事ではありませんw

 

夫が子供の頃からずーっとある東ドイツの『サンドマン』。

1959年に制作され、以来変わらずお茶の間の子供達に眠気を誘う役割を担っている。

 

サンドマンは子供達の元にやってきて、お話を聞かせる。(テレビのスイッチをつけるとお話が流れるという仕組み)

お話は人形劇であったりアニメであったり、朗読であったりと色々だが、大体5分くらい。

その後、サンドマンは背負ってきた大きな砂袋の中の魔法の砂を子供達にかけて眠りを誘うのだ。

つまりは登場から退場までは10分ほどなのだが、ドイツの幼稚園児は、サンドマンのお世話になるのだ。

時間帯も夕方の18時50分。19時にはお終いなので、子供達のテレビの時間もそこでお終いとなる(予定であるが、今頃はもっと長く観てる子も多いよね(^_^;)

 

サンドマンは世界中、否、宇宙中の子供達の元に行く。

日本にも訪れた事がある。

富士山があり、神社の鳥居があり、母親は着物を着ていた。

座敷に招待されたサンドマンは、礼儀を心得ているようで、お辞儀をした。

子供の1人がテレビのスイッチをつけると、お話が出てくるようになるのだ。

お話が終わると、砂をかけ、子供達が目を擦った頃合いを見計らい、彼はまた去っていくのだ。

 

西ドイツも東ドイツに対抗?してサンドマンを製作した事があるが、髭なしにしてみたり、冒険譚っぽくしてみたりして、

「こんなのサンドマンに非ず!!!」

と反感を買い、今でも古い髭ありのサンドマンがブラウン管に登場する。

聞かせるお話は新しかったり再放送だったりするが、日曜日はいつも東ドイツでお馴染みの人形達のお話が再放送される。

 

 

サンドマンは欧州の伝承に出てくる妖精のような存在だ。

 

f:id:ayayukimoto:20210502155804j:plain

出典:wikipedia

砂袋に入っている魔法の砂を目にかけると、人々は眠気に襲われてしまう。

ちっとも寝たがらない子供への脅し文句は

「サンドマンがやってくるぞ」

だったらしいので、ドイツでは昔から子供達には恐れられている御仁だったようだ。

 

今では可愛らしいヲッさん子供みたいな感じになってしまっているが、『サンドマン』をテレビでたまに見る度に、夫や義母はノスタルジックに駆られている。

娘にとってのサンドマンも『スポンジボブ』を知らなかった頃の懐かしい存在らしい。

倅は、、、そうでもないみたいだけど。

 

 

 

早朝サイクリング。

f:id:ayayukimoto:20210501172446j:plain

倅作 

題名:春がきた(亀になった気持ちで)

 

 

倅が起きてきて、

「自転車に乗る」

と言うので、雨も止んでいるし、今しかチャンスがないかもと思い、近所の川辺にいる白鳥に会いに2人で行ってきた。

 

 

chiriyama-nikki.hatenadiary.com

 

 

夫と娘はまだ寝ている。

 

 

自転車を走らせていると

 

いた!

 

 

 

私達を見たのか、近くまで寄ってきた。

f:id:ayayukimoto:20210501172817j:plain

 

f:id:ayayukimoto:20210501172913j:plain

 

倅が投げたパンを美味しそうに食べていた。

私達=時々餌をくれる人間だと思っているんだろうな。

 

 

また会う日まで元気でいるんだよ。

 

 

 

その後、湖まで走らせ、Uターンして家に戻ってきた。

なかなか自転車に乗る機会がないので、時々こうやって2人でサイクリングするのも良いものだ。

早朝だと、犬を連れた人達とジョギングをしている人達くらいしか出くわさない。

自転車乗りの人達はもう少し遅い時間に出会うようになる。

倅の事を考えると、早朝の、このくらいの人の数の方が丁度良さそうだ。

自転車は、結構速度を上げる人もいて、マイペースでちんたら走っている倅には危険になってくる。(犬が苦手な倅であっても、犬の方がマシだと思う)

 

帰宅したら、夫と娘が起きてきた。

随分長く寝ていたな。

 

本日の昼ご飯のWellfleisch↓

 

f:id:ayayukimoto:20210501200213j:plain

 

なかなか美味しかったです。

 

 

 

Brezel

f:id:ayayukimoto:20210501143801j:plain

 

ドイツのバイエルン州には私の大好物のパン、Brezel(ブレッツエル)がある。

ミュンヘン辺りでは、lがなくなってBrezeともいうらしいが、私が住んでいる街ではBrezelと言っているので、私もそれに倣う事にしている。

 

その昔、自給自足をしていた修道士が、新しいパンを開発しようとして悩んでいるのを見た同僚修道士が彼を救う為、両腕を組み、神に祈りを捧げた。

それを見た修道士が、その姿に似せてあの形を作ったという。

他にも、窃盗をしたパン職人が罪を逃れる為にあの形を作ったとか、キリスト教の三位一体を表しているとか、色々あるようだ。

 

Brezelとはラテン語の「腕」を意味する語源からきているので、個人的には、修道士説が有力だと思っている。(因みに子供の教育番組では、修道士説を紹介していた)

 

バイエルンでは何処にでもあるBrezelだが、義母の住んでいる地域では、余り見かけない。

それもあって、義母宅を長期訪問したら、このパンがとても恋しくなるのだ。

 

そういえば、日本に一時帰国した時、台風の影響で飛行機が郷里まで飛ばなかった。その為、東京に一泊しなければいけなくなってしまい、急遽、空港近郊のホテルを予約した。

小雨の中、子供達と3人で近所のコンビニで晩御飯を調達した時、Brezelが売られてあって驚いた。それと同時に懐かしく感じたものだ。(勿論買いましたともっ🥨)

日本で食べたBrezelは小ぶりで、柔らかかったのを覚えている。

 

Brezelにバターを塗りルッコラをサンドしたら、とても美味しい。

他にもチーズやハムをサンドしても良い。

現地校用の弁当に、そうやってサンドしたBrezelを入れて持たせる事がある。

 

さて今日は5月1日。

メイデーなので、ドイツでは祭日だ。

つまりスーパーも閉まっているので、買い物は前日に済ませておかねばならない。

デモをやっている地域があるようで、昨晩、注意喚起されていた。

折角の休みもコロナだし天気も悪いから、何処にも行けないのが残念だ。

 

まあ、メイデーだし、補習校もないから家族でのんびり休めば良いか。