ちりやま日記

ドイツで子育てのあれこれ、本やドラマや動画の感想等を綴っていきます。

子供達の変化。

近所の市営プール ロックダウン緩和と共に、一気に夏になったようだ。 週明けに娘の怠慢が酷くなり、止む無くタブレットの時間制限をする事にした。 ギムナジウムから希望制で夏期講習に参加したい人は申し込みを促す通達が来た。フランス語は私達は2人とも…

ツメが甘い。

最近の夫は張り切っている。 週末は原因不明の頭痛に悩まされていた彼だが、ある時、耳鳴りと高血圧がえらい事になり、それ以来、自分で健康管理をするようになった。 こうと決めたら頑固なドイツ人なので、毎日血圧を幾度となく測り、しっかりエクセルに記…

夫が凹んだ話。

夫が毎朝、倅を登校に連れて行ってくれる。 倅の小学校は、歩け歩け運動を推進しており、二重駐車に伴う危険性の関係で親タクを快く思っていない。それで夫も一緒に歩いていくのだ。 こういう時、学校が近いとありがたい。 さてそんな夫だが、倅のクラスメー…

Smoky George

こちらのビール、なんと2020年に欧州で1位に輝いたのだそうです。 www.rittmayer.de 夫は仕事でこちらの会社と縁ができた。 オーバーフランケンに位置するHallerndorfは自然の恵が豊かな村だ。 そこで熟成されたビールが栄光を手にした。 欧州ナンバーワンな…

ある日曜日の朝。

やっとロックダウンが緩和された。 夏休みは何処に行こうかとか、ドイツ人はウキウキしながら過ごしているだろう。 テレビのコマーシャルでも旅行会社やホテルで賑わっている。 私達は出不精なので、あまり何処にも行かない。 もし長期で行くとしたら、義母…

夫婦喧嘩。

夫婦喧嘩は本当に下らない事から発展する。 よく喧嘩した事がないとのろける人がいるが、そういう人は心から尊敬してしまう。私は人間修業が全くもってできないので、結婚生活が長くなった今でも死ぬ程下らない事でしょっちゅう喧嘩してしまうのだ。 今日も…

これはこれで尖ってる。

娘は現在13歳。思春期真っ只中である。 同年代の子を持つお母さん達とも我が子の豹変ぶりを話す機会があるが、子供達を昔から知っているだけに、そのギャップに驚く。 それはうちも全く同様のようで、その後、皆で溜め息をつきながら、思春期が過ぎ去るのを…

素麺に思う。

今週のお題「そうめん」 昔、仲が良かった友達に素麺好きがいた。 普通の冷やし素麺か、にゅう麺くらいしか食べた事がなかったので、彼女が作る素麺メニューに驚かされた。 うちの実家は昔、飯屋を経営していて、夏には素麺をよく出していた。 少し甘みのあ…

蓼食う虫も好き好き

同じ独日カップルの知人がご主人の話をしてくれた。 ふとベッドの大きさを知りたくて、ご主人に聞いてみたらしい。 するとご主人はおもむろに12cmの定規を持ってきて測り始めたのだそうな。しかし12cmだから、なかなか上手くいかず、何度も測り直したのだと…

招き猫から脱線した話。

今日は子供達のセルフコロナテストをしない日だ。 つまり、コロナだったら8時過ぎに帰ってくるかもしれないという心配がないので、朝早くから少々遠い場所にある大型スーパーに行ってきた。 最近運動不足だったので丁度良い運動になった。 そのスーパーにはL…

普通登校1日目。

今日から我が街の学校は普通登校となった。 つまり全面的対面授業だ。 今迄ずっと基準値が高く、登校できても分散登校くらいだった。 なので、せっかく7年生でクラス替えをしても、新しくクラスメートになった子供とは殆どよく分からない状態で、このままほ…

『君の名は。』と『天気の子』の感想

週末はこちらでは雨が降っていて、どうやら来週いっぱいまで続きそうだ。 せっかく来週から普通登校となるのに、と子供達が少々不憫でならない。 新海監督の『君の名は。』を観た後に、同じく同監督作品の『天気の子』を観た。 どちらも甘酸っぱい青春を感じ…

日常が戻ってきた。

街で見かけた蛙様w どうやら、来週からバイエルン州も全面的に緩和となるようだ。 今週初頭から少しずつ、閉まっていた店が開店していたりして、街も心なしか活気ついているように見えた。 そして昨日、普通登校を色々な街の学校が通達していた。 特に、国境…

兵役ってやつは・・・

ドイツは2011年まで徴兵制度があった。 満18歳になった男子は兵役に就いていた。 西と東、そして徴兵の種類によっても期間が変わってくる。 夫は3年間の兵役に就いたらしい。 夫曰く、兵役によって、自分の人格が変わったらしい。今の温和な性格は兵役によっ…

Fronleichnam

今年の祝日、聖体の日は6月3日だ。 こちらもご多聞に漏れず移動祭日となるが、三位一体の主日の後の木曜日が祭日となり、カトリックの州のみで、プロテスタントの州に住んでいる義母の街は平日である。 そんなわけで、我が家は夫が休みとなりはしたものの、…

来週から全面的対面授業!?

遂に我が街も基準値が50以下になった! それに伴い、次々に店が開き、ボルダリング場も人数制限はあるもののコロナテストなしで入れるようになった。 今日なんて、上の階で作業を行なっている業者さんですらマスク無しだった。 心なしか、通り過ぎる人の表情…

国際子供の日

6月1日は国際子供の日なんだそうだ。 1925年8月にスイスのジュネーブで開かれた子供の福祉世界会議で制定されたもので、主に旧共産圏諸国が子供の日としている。 なので、ドイツはニュースで報じる程度だが、旧東ドイツ出身の夫はしっかり忘れていなかった。…

少しずつ緩和してきた。

待ちぼうけ 朝、子供達と一緒にいつもの川に行ってみたが、白鳥はいなかった。 「私が行く時に限って、承太郎もDIOもいない(T ^ T)」 と娘は口をへの字にして嘆いていた。 うーん、多分、もう飛び立ってしまったのかも。 私達もずっといなかったしね。(例え…

滞在中の話。

義母宅からの帰路の中、これまた恒例のように、私の鬱が爆発するかもしれない、とか後部座席にいる子供達の喧嘩が勃発するだろうと思いきや、意外にも大丈夫だった。 朝は娘が体調が悪かったが、昼ご飯を食べる頃には復活していた。 渋滞に巻き込まれ、途中…

帰路に着く。

アウトバーンから見た菜の花畑。渋滞があったので途中で降りた。またアウトバーンに乗った。渋滞から逃れられたようだ。ここからバイエルン州。子供達はあと一週間休暇がある。開校まで、勉強させなきゃな、、、

父子

普段は家にいないし、週末は家にいても、疲れてずっと寝ているので、なかなか遊んでくれない夫だが、たまには家族サービスをする。 ぎゃーと声がするので、行ってみると、うんざりした表情で娘が立っていた。 事情を聞くと、タブレットにインストロールした…

Frauenkirche in Dresden

マーテイン・ルター像と聖母教会 ザクセン州のドレスデンの聖母教会は第二次世界大戦で空襲に遭い、破壊された。 その後、全世界からの寄付金で再建された。 興味深いのは、破壊された教会の壁の一部も再建築に一緒に使われているという事だ。 ところどころ…

もしもの話。

Brezel大好きな私だが、Brezelはバイエルンのものであり、義母の住んでいる地域には余り見かけない。 と、前に書いたが、昨日スーパーに行ったら、なんと売られてあり、しかも名称が『バイエルンの心』なんて素敵なネーミングだった。 こういうセンスは良い…

木にまつわる話。

落葉樹(楢の木) ドイツにはそこかしこに自然があり、それは常に人の目に優しい。 夫は旧東ドイツ出身だが、個人的に言って、旧東ドイツ人のメンタリテイの方が日本人に合っている気がする。 特に、団塊の世代とうちの夫とは気が合いそうだ。 もし父が生き…

Rauchemaad

出典:www.annaberger.info エアツケビルゲ地方(ドイツの東北地方ですかね)の伝統料理。 ラウへマードと読むのが適当か。 茹でたジャガイモが余ってしまった時に、朝食に作ると良い。 ジャガイモを擦り下ろして、アマニ油を多めに敷いたフライパンで半揚げ…

Haselbauer Eis

ドレスデンにあるハーゼルバウアーのアイスバーがどうやら開いていたようだ。 非常に嬉しい。 出典:haselbauer eis www.haselbauer-eis.de 旧東ドイツ時代からあったアイスバーは、伝統的な貝殻の形をしたカップにクリーミーなアイスを入れて出す。 ドイツ…

嬉しかった事。

プフィングステン休暇前に、現地校では成績に関わる研究発表が行われ、9歳の倅は生まれて初めての研究発表を行った。(倅は現地校を1年遅らせて入学させているので、現在は小2。今年の9月から小3となる) 研究発表は1人約10分、ペットとして飼われる動物をテ…

疲れちゃったんだね。

午後、中2の娘の様子がおかしかった。 いつもあっけらかんとしているのに、妙に元気がなかった。 とはいうものの、周りは全く気付かないくらい、とても小さな異変だったが、母親の勘なのか、すぐに分かった。 どうしたのか聞いてみると、寂しい動画を偶然観…

アウトバーンから見た景色

早朝バイエルンは雨ですが、ザクセンは現在止んでいます。誰もいない。トイレ休憩で立ち寄った場所から再び走行開始

Pfingsten

出典: wikipeidia 5月23日は聖霊降臨祭(プフィングステン)で、それに伴い、バイエルン州は学校は2週間の休みとなる。 以前、実家の母にその話をしたら、 「ドイツは日本以上に休みがあるんだね」 と呆れていた。 ドイツは、州、地域によって祝日の数が変わ…